指紋だけでワンタッチ解錠!スマホのいらないスマートキーはSwitchBotロックとSwitchBotキーパッドタッチで

玄関のドアをスマートロックにしたいけれど、工事が億劫で後延ばしにしてしまっていませんか?忙しい日々の中で業者を呼んでお金をかけて工事してもらうのは、なかなかハードルが高いですよね。実はスマートロックには、既存のドアに簡単に取り付けられる「後付け」タイプもあります。本記事で紹介するのは、スマホさえいらない、指紋認証式のSwitchBotロック・SwitchBotキーパッドタッチについてです。

指紋で鍵を解錠できるようにするには

指紋解錠とは、指紋を起動条件としてドアの鍵をあける解錠方法のことです。虹彩認証や静脈認証と同じ生体認証の一つで、指紋をあらかじめ登録し、一致が確認されると鍵が解錠される仕組みとなっています。

指紋認証キーを業者に設置してもらう

指紋認証キーには電池式のものと電気式のものがあります。電気式の場合は配線工事が必要で、電池式の場合は数ヶ月〜1年という電池の寿命に応じて定期的なメンテナンスが必要です。電気式を導入するメリットは、取り付けを業者に外注できるため、初心者の方でも確実に取り付けられる点です。一方、電気式の場合は電気配線工事が必要となり、数万円の費用がかかります。

後付けスマートデバイスを自分で設置する

SwitchBotロック、SwitchBotキーパッドタッチのように既存の鍵があるドアに後付けで指紋認証キーを設置できるものもあります。後付けデバイスのメリットは、なんといっても設置工事が必要なく手軽に鍵をスマート化できるところ。デバイスをドアに設置しBluetoothでコンパニオンアプリに接続するだけなので、工事費用が大幅に抑えられます。

スマートロックの選び方

スマートロックを購入する際は、まず自宅のサムターンに対応しているかを確認してください。種類によっては賃貸では使用できないものもありますので注意しましょう。詳しくはこちらにご参考:https://www.switchbot.jp/pages/lock-purchase

施錠・解錠方法で選ぶ

スマートロックを選ぶときは、施錠・解錠方法に注目しましょう。スマートロックの施錠・解錠方法は、スマホで操作するタイプやカードキーで操作するタイプ、指紋で操作するタイプなどさまざま。スマホは取り出すのがやや面倒ですが、確実に解錠ができるというメリットがあります。カードキーは持ち歩く手間がありますが、スマホがない方でもスマートキーに対応できる点が便利。指紋解錠は便利性と防犯性を両立させたい方におすすめです。

取り付け方が簡単かどうかで選ぶ

スマートロックには設置工事が必要であるタイプと、自分で設置できるタイプがあります。

シリンダー交換タイプや穴あけ工事タイプでは専門業者による工事が必要です。設置工事を依頼すれば確実に設置ができるものの、工事費用は数万円と割高。電気タイプのキーパッドの場合、電気配線工事が必要になることもあります。

一方、自分で設置できるタイプは、既設のドアに後付けで設定できます。スマートロックと物理キーの両方で操作することもできますので、物理キーという選択肢を残しておきたい方におすすめです。

コンパニオンアプリの使い勝手で選ぶ

スマートロックにはデバイスをコントロールする専用アプリがあります。コンパニオンアプリの機能はスマートロックの使い勝手を左右しますので、事前にしっかり確認しておきましょう。特に画面切り替えがスムーズか、アプリの動作が重くないか、などはチェックしておきたいポイントです。デバイスがなくともアプリだけはダウンロードできる場合がほとんどですので、まずはお試してアプリをダウンロードしてみるのもよいでしょう。

SwitchBotロック・SwitchBotキーパッドタッチでできる解錠方法

SwitchBotロックはサムターンに設置することで既設の鍵をスマート化できるアイテム。SwitchBotキーパッドタッチは、SwitchBotロックと組み合わせて使う、SwitchBotロックの機能を拡張できるキーパッドです。SwitchBotキーパッドタッチを導入することで、暗証番号や指紋認証で鍵を解錠できるようになります。

SwitchBotロック・SwitchBotキーパッドタッチで利用できる解錠方法は下記の通りです。

  • 指紋解錠
  • 音声による解錠
  • NFCタグを使った解錠
  • カードキーを使った解錠
  • AppleWatchを使った解錠
  • スマホアプリをかざして解錠
  • スマホアプリによる遠隔での解錠
  • SwitchBotリモートボタンを使った解錠
  • キーパッドにパスワードを入力して解錠
  • 物理キーを使った解錠

*指紋解錠・カードキー・スマホアプリ・パスワード以外の方法はSwitchBotハブミニが必要

SwitchBotロック・SwitchBotキーパッドタッチはこんな方におすすめ

ランニングに出かけるとき、子どもだけで家の鍵をあけるとき。物理キーが邪魔になるタイミングってたくさんありますよね。今までに一度でも、ドアの前で鍵をゴソゴソ探したことのある方、1秒でも早く家に入りたくて仕方ない思いをしたことがある方は、きっとSwitchBotロック・SwitchBotキーパッドタッチの良さを感じていただけると思います。

利便性を重視する一人暮らしの方

SwitchBotロック・SwitchBotキーパッドタッチは利便性を重視する一人暮らしの方におすすめです。事前にアプリで設定しておけば、一時的に鍵を家族や友人がSwitchBotで鍵を解錠できるようになり、簡単に鍵をシェアできます。SwitchBotロックとSwitchBotキーパッドタッチを組み合わせれば、ホテルのような自動施錠も可能です。

効率性を重視する家族と暮らしている方

SwitchBotロック・SwitchBotキーパッドタッチなら、スマホを持たないおばあちゃんも、物理キーをなくしてしまう小学生のお子さんも、高い防犯性を保ちながら効率的に鍵の解錠ができるでしょう。SwitchBotキーパッドを操作するたびに電池残量が視覚的に確認できるようになっているため、電池切れによる締め出しを防ぐことができます。暗証番号は6〜12桁設定できますので、防犯性も高いです。

安全性を重視するシェアハウスで暮らしている方

シェアハウスのエントランスをスマート化するのもおすすめです。特にSwitchBotロック・SwitchBotキーパッドタッチはオートロックに対応していますので、鍵のかけ忘れも防げます。SwitchBotキーパッドタッチは縦およそ11cm横およそ4cmと手のひらサイズなので、視覚的にも目立ちにくいです。エントランスは指紋解錠、玄関はスマートフォン解錠、のように複数のスマートロックを設置すれば、セキュリティを強化しながらスムーズな解錠ができます。

まとめ

SwitchBotロックは13,960円(税込)、SwitchBotキーパッドタッチは4,980円(税込)なので、初めてスマートロックに挑戦する方でも気軽に試せます。せっかくスマートロックにしたのにスマホを取り出すなんて面倒…そんな方はぜひ指紋解錠に対応したSwitchBotロックとSwitchBotキーパッドタッチをチェックしてみてください。

SwitchBot スマートロック 指紋認証パッド セット

SwitchBot スマートロック  よりスマートなキーフリー生活へ

SwitchBot スマートロック キーパッド