寒い冬に布団から出られないのはなぜ?いくら寝ても眠いあなたにおすすめのSwitchBot製品を紹介!

人体には暑さと寒さを感じる「温点」と「冷点」がありますが、寒さを感じる冷点は温点よりも身体中にびっしり埋め込まれているそうです。人は暑さにはある程度対応できるものの、寒さには弱いんですね。

寒い冬の朝、なかなか布団から出られなくて困っていませんか?そこで本記事では、寒い季節になかなか布団から出られない原因と解決法、そんなお悩みを解決できるSwitchBot製品を紹介します。寒くなりそうな明日の朝は、スマートデバイスの力で気持ち良く布団から出てみませんか?

冬に布団から出られないのはなぜ?セロトニンが関係?

寒い冬に起きられないのは気合が足りないからではありません。実は冬の気温は私たちの体と深い関係があるのです。

セロトニンとメラトニンのバランスが崩れるから

冬は夏よりも日照時間が最長で5時間ほど短くなります。寒い季節、なかなか布団から出られないのは、セロトニンとメラトニンのバランスが崩れるからです。人は太陽の光を浴びることで、睡眠ホルモンであるメラトニンが減少する一方、覚醒を促すセロトニンが増加することでスッキリと目覚めることができます。しかし日照時間が短い冬は太陽に当たる時間が短くなる上に太陽の光も弱いため、セロトニンの分泌がスムーズに行われません。そのため寒い冬はスッキリ目覚めるのが難しく、布団から出られなくなってしまうのです。

体温が低下し睡眠の質が落ちているから

体温と睡眠には深い関係があるのをご存じですか?人間は日中体温を高く保ち、眠りにつく前に深部体温を下げて休息状態を作ることで眠気がやってきます。しかし気温が下がって体が冷えがちな冬になると日中体温が十分に上がらないため、就寝時に深部体温を下げることができません。深部体温が下がらないと睡眠の質にも影響を及ぼし、自律神経が乱れ、血行が悪くなりさらに冷えが加速…という悪循環に。睡眠の質が低下してスッキリ目覚められないため、なかなか布団から出られないという状態を引き起こします。

布団の外が寒いと心理的な抵抗が生じるから

人間には体の感覚が心理面に影響を及ぼすとされる身体化認知と呼ばれる現象があります。気温が下がる冬になるとなぜか気持ちが落ち込むのも身体化認知の一つ。つまり布団の外が寒いと何もかも億劫になり、なかなか布団から出ることができないのです。また、血圧は寝ている間に下がり、朝起きる時に上がりますが、外気温が低いと布団の中と外の温度差が激しく身体に負担がかかることも。布団の外が寒いというのは、心理的な観点からも身体的な観点からも負担がかかることなのです

寒い冬にスッキリ起きる方法①就寝前の習慣を見直す

SwitchBotシリーズは普通の家電を後付けでスマート化できるIoTスマートデバイス。デバイスを設置しアプリでプロセスを自動化するための設定を行うだけで、スイッチメカニズムに依存する家電をアプリや音声で操作できるようになります。SwitchBotで就寝前の習慣を見直すことで、寒い冬の良い目覚めを実現しましょう。

SwitchBotハブミニ+温湿度計プラス+スマート加湿器

寒い季節は、SwitchBotハブミニと温湿度計プラス、スマート加湿器を使って寝る前に快適な温度と湿度を整えましょう。冬は寝室の温度を20度前後に、湿度を40〜60%に保つと快適な眠りをキープできます。SwitchBotなら、SwitchBotハブミニでそれぞれの製品をリンクできるため、湿度が40%を切ったら自動的に加湿器をつけ、温度が20度を切ったら自動的にエアコンをつける、といった操作も可能です。

ちなみに寒い日になかなか布団から出られない方は、深部体温を利用して自然な目覚めを促すのがおすすめ。深部体温とは内蔵の温度のことで、睡眠の質と自然な目覚めと深い関係があります。人は深部体温が上がると活発になるという特性を活かして、就寝前は体を冷やさないように気をつけましょう。起床時間の1時間前にタイマーで暖房をつけるようにしましょう。例えば起床1時間前にSwitchBotハブミニで暖房をオンに、SwitchBot温湿度計プラスで湿度をチェックし、40%を切ってしまったら自動的にスマート加湿器をオンにすることで、快適な環境でスッキリ目覚めることができます。

SwitchBot 温湿度計プラス スマホで湿度と温度を確認できる

SwitchBot ハブミニ 赤外線リモコンをまとめられる

SwitchBot 加湿器 スマホで湿度と温度を確認できる

SwitchBotシーリングライトプロ+プラグミニ

ライトの調光は体内時計を整えるための大切なポイント。睡眠リズムを正常化できるよう、寝る直前は30ルクス以下に抑えましょう。色温度が低い暖色系を設定すると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促すことができます。SwitchBotシーリングライトプロなら、明度や彩度を1%単位で調節。電気毛布はSwitchBotプラグミニにつないで、布団に入る前に自動でON、布団に入ったらOFF、さらにタイマーをセットして起床の少し前にONにすれば、寒さで眠れない・起きれないといったこともなくなります。

SwitchBot LEDシーリングライトプロ 8畳 照明の左右、自由自在。

SwitchBot プラグミニ スマホでON/OFFができるコンセントプラグ

寒い冬にスッキリ起きる方法②起床後の習慣を見直す

スッキリとした目覚めを得るには、五感を刺激することが大切です。例えば炊飯器をタイマーでセットしたり、太陽光を浴びたり、音楽を流したりすることで五感が刺激され、気持ち良く目覚めることができます。ここでは、起床後の習慣を改善できるSwitchBot製品をまとめました。

SwitchBotスマートカーテン+シーリングライトプロ

寒い冬の朝は、太陽光を浴びて自然な目覚めを促しましょう。SwitchBotシーリングライトプロが設置されているお部屋で、SwitchBotスマートカーテンを備え付ければ、タイマーをセットして自動的にカーテンを開けられます。SwitchBotシーリングライトプロがハブミニの役割を担うため、SwitchBotハブミニを購入する必要もありません。太陽光を浴びることで交感神経が優位になり、自然とスムーズに起きられるようになります。セロトニンを促し精神を安定させられるのも、太陽光で起きるメリットです。

SwitchBot カーテン スマホやタイマーでカーテンを開閉できる

SwitchBot LEDシーリングライトプロ 8畳 照明の左右、自由自在。

SwitchBotハブミニ+指ロボット

冷え症の方、寒い冬は朝なかなか布団から出られませんよね?そんなときはSwitchBotボットを使って遠隔でヒーターやエアコンをオンにしましょう。SwitchBotボットには指のようなアームが付属しており、それが物理スイッチを押すことで電化製品の遠隔操作ができます。白い息を吐いて震えながらヒーターをつけに行く…なんて朝はもうおしまい!布団の中にいながらSwitchBotで簡単にお部屋を暖めましょう。

SwitchBot ボット 物理的にスイッチを押す

SwitchBot ハブミニ 赤外線リモコンをまとめられる

家族を起こしたくない方におすすめのSwitchBot製品

寒い夜の時間帯、せっかく寝付いた家族を物音で起こしたくありませんよね?ここでは、家族の快適な眠りをサポートできるSwitchBot製品を紹介します。

SwitchBotシーリングライトプロ+SwitchBotテープライト

トイレに起きたときに電気をつけて、一緒に寝ていた家族を起こしてしまった経験はありませんか?SwitchBotシーリングライトプロは、スマート機能が搭載されたシーリングライトです。1%単位で調光・調色ができますので、夜間帯でも負担の少ない明るさや彩度に設定できます。スマホアプリやSwitchBotリモートボタンなどで必要なときに点灯することもできますので、夜間の照明操作をお好みでカスタマイズ可能です。SwitchBotテープライトはWiFiやBluetoothでスマホや他のSwitchBot製品と連携できるテープ状のLEDライト。シーリングライトの光が届かない場所やライン状に発光させたい方などに最適です。

SwitchBot LEDシーリングライトプロ 8畳 照明の左右、自由自在。

SwitchBot LED テープライト 音楽と音声で空間を彩ります

SwitchBot人感センサー+SwitchBotボット

喉が渇いたので水を飲みにキッチンへ…そんなとき自動的に廊下のライトがついたら便利ですよね。SwitchBotボットは内蔵アームで物理スイッチを動かせるアイテム。SwitchBot人感センサーとSwitchBotボットを使えば、人の動きを検知して自動的にライトのスイッチをオンにできます。5秒間動体が検知されなければ自動的にオフにするというような使い方もできますので、真っ暗闇の中で手探りでスイッチを探す手間が省けるでしょう。必要なときだけサッと電気をつけられるので、寝ている家族を起こすこともありません。

SwitchBot 人感センサー 人の動きを感知してスマホに送るセンサー

SwitchBot ボット 物理的にスイッチを押す

冬どうしても起きられない人のための3つの対策方法

ここでは、さらにスッキリした冬の目覚めを実現したい方に向けて、冬どうしても起きられない人のための対策方法を解説します。

起床時の室温は16度以上にする

冬の起床時の室温は16度以上、可能であれば20〜22度がよいとされています。15度を下回ると60歳以上男性の場合、血圧が高血圧と判断されるまで上昇するというデータも。エアコンの稼働音で起きてしまうことがないよう、風量は弱めに設定しましょう。

アミノ酸を意識した朝食をとる

良い目覚めは良い睡眠から。寒い朝にスッキリ起きたい方は、朝ご飯にトリプトファンを多く含む食材を取り入れてみましょう。アミノ酸の一種であるトリプトファンには夜ぐっすり眠れる効果も。トリプトファンは体内で生成できないため、食事から摂取する必要があります。トリプトファンは豆腐・味噌などの大豆製品やチーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれていますので、ぜひ積極的に取り入れてみましょう。

布団の中でストレッチをする

朝起きる前に軽いストレッチをするのも有効です。起き上がる前に深呼吸をしてストレッチをすることで同じ寝姿勢で凝り固まった筋肉をほぐし、酸素不足による頭痛を防ぐことができます。また、朝同じ時間にストレッチを行うことで生活リズムができ自律神経が整うため、夜自然と眠くなるという嬉しい効果も。10分だけ早起きしてストレッチすることで、体調を整えて冬でもスッキリ起きられます。

まとめ

質の良い睡眠の条件は「10分以内に寝付く」「途中目覚めることなくぐっすり眠る」「6〜7時間しっかり眠る」の3つ。ぜひSwitchBot製品を活用して就寝前と就寝後の習慣を見直し、寒い冬でもスパッと布団から出られるようになりましょう。「SwitchBot製品の他にも工夫したい」という方は、美味しい朝ご飯を事前に用意する、起床後に大好きな趣味に取り組むようにするなど、朝起きた後の楽しみを設定してみてください。