【一人暮らしには不要?】ロボット掃除機がいらない人と必要な人の特徴

だんだんと一般的になってきたロボット掃除機ですが、一人暮らしの家に必要なのか疑問に思う人もいるかもしれません。

この記事では、一人暮らしをしている人の中でロボット掃除機が必要な人と、いらない人、向いていない人の特徴を紹介して行きます。

一人暮らしにおすすめのロボット掃除機についても紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

SwitchBot ロボット掃除機 一人暮らし

ロボット掃除機は一人暮らしにはいらない?

ロボット掃除機は主に床の掃き掃除の手間を減らしてくれますが、一人暮らしにはいらないのでは?という意見も聞きます。

実際は一人暮らしであっても、ロボット掃除機を上手に使うことで掃除の手間を少なくしてくれ、日々の生活にゆとりが生まれます。仕事も家事も全部自分でしなければならない一人暮らしだからこそ、ロボット掃除機が必要だと言えます。

一方で、一人暮らしでもロボット掃除機が向いていない、いらない人がいるのも事実です。細かなメンテナンスができない人や、ロボット掃除機に全部をさせてしまおうと言う人には向いていません。

ロボット掃除機がいらない、使えない人の特徴

ロボット掃除機がいらない人は

  • 床にものが多い
  • ロボットのお手入れが苦手
  • 全く掃除ができない

と言う特徴を持っています。

床にものが多い

ロボット掃除機は床を走り回ることで、落ちているほこりや髪の毛を掃除し床を奇麗にして行きます。そのため、床にものが多くロボット掃除機が走るスペースが少ないと言う人は、ロボット掃除機の使用に向いていません。

ロボット掃除機を効率よく使うためには、ロボットが動き回れるように床にものを置かない習慣が必要です。

お手入れが苦手

ロボット掃除機は自動的に掃除を初めてくれ、掃除が終わるとドックに戻り自分で充電を開始します。しかし、ロボット内にたまったゴミ捨てや、定期的なメンテナンスは人間の仕事です。

こまめにゴミ捨てをしないと、吸引力が落ち故障の原因にもなるので最低限のお手入れもしたくないと言う人には向いていません。

全く掃除ができない

全く掃除ができず全部ロボット掃除機に任せたいと言う人も、ロボット掃除機の使用には向いていません。ロボット掃除機はフローリングや床の掃除は得意としていますが、隅っこや椅子や机の下などブラシの届かないスペースは掃除できません。そういったところは人間の手で行う必要があります。

細かな部分もロボット掃除機にやってもらいたいと言う完璧を求める人が使用すると、期待とギャップがあるかもしれません。

ロボット掃除機が必要な人の特徴

ロボット掃除機を有効に使うことができる人の特徴は

  • ペットがいる
  • たまに自分でも掃除をする
  • 家にいる時間が好き

といった特徴を持っています。

ペットがいる

ペットを飼っている人はロボット掃除機を持っておくことでお部屋を奇麗に保てます。

動物の毛はちょっとしたことで抜けたり、季節の変わり目には大量に生え変わったりするので、部屋を奇麗に保つためにはこまめな掃除が必要になりますが、ロボット掃除機があることで掃除の手間を大きく減らしてくれます。

たまに自分でも掃除をする

たまに自分で掃除をすると言う人も、併用してロボット掃除機を利用することで効率よく掃除できます。

お風呂や水回り、床の隅や細かな部分はロボット掃除機では掃除できません。自分で掃除する際にロボット掃除機のダストボックスにたまったゴミの清掃、ブラシの清掃などしてあげると吸引力を保ったまま長く使用できます。

家にいる時間が好き

家にいる時間が好き、と言う人はロボット掃除機を持っていると趣味の時間が充実します。

部屋にいることが多いと髪の毛やほこりで床が汚れているのが気になることも増えます。しかし、ロボット掃除機がこまめに掃除してくれるので、より快適に自分の時間を楽しめます。ロボット掃除機が動くところも見られるので、奇麗になったかどうかリアルタイムで確認できます。

SwitchBot ロボット掃除機

一人暮らしで使うロボット掃除機を選ぶポイント

一人暮らしでロボット掃除機を選ぶ際に注意すべき点を紹介します。

  • 吸引力
  • ロボット掃除機本体の高さ
  • スマホと連携できるかどうか

以上3点に注意しながら、間違いのないロボット掃除機を選びましょう。自分にぴったりなロボット掃除機を見つけられると、お部屋をいつも奇麗に保てるので気持ち良く一人暮らしを満喫できますよ。

髪の毛を吸ってくれる吸引力

ロボット掃除機は掃除機と同じように空気と一緒にゴミを吸い込むのに加え、ブラシによってゴミを引き寄せ吸い込みやすくします。一人暮らしのロボット掃除機を選ぶ際は、吸引力の強さの単位Pa(パスカル)とブラシがついているかどうかに注目して選びましょう。

吸引力は2000Pa(パスカル)以上のものを選ぶと細かいほこりまでしっかりと吸い込んでくれます。さらにブラシがついていると、遠くにあるゴミも引き寄せて吸引するので、部屋の隅まで掃除でき、掃除時間も短くなります。

ロボット掃除機の高さ

ロボット掃除機本体の高さにも注目しましょう。一人暮らしの場合は限られたスペースにソファーやベッドを置くことが多いですが、家具の下はなかなか掃除が行き届きにくいので、できればロボット掃除機に任せたいところです。

ロボット掃除機本体の高さが低ければ、入り込めるスペースも増えます。ただし、薄すぎると清掃力に影響を与える場合もあります。9.0mm〜9.5mmの高さのものを選びましょう。

スマホと連携できる

スマホのアプリと連携ができるロボット掃除機を選びましょう。スマホからロボット掃除機を操作でき、掃除中に何らかのトラブルで止まってしまった際に離れていても通知してくれます。中には声で操作できるスマートスピーカーに対応しているものもあります。

スマホやスマートスピーカ対応のロボット掃除機を選ぶと効率的に掃除が可能です。

SwitchBot ロボット掃除機

ロボット掃除機の「SwitchBot」は一人暮らし世帯に特におすすめのできるブランドです。

優れた吸引力とスマホアプリとの連携、一人暮らしにピッタリなサイズ感の三拍子揃った使い勝手のいいロボット掃除機です。

SwitchBot ロボット掃除機の強み

  • 強力な吸引力
  • 高性能AIによる高度なマッピング
  • 大容量バッテリー
  • さまざまな家電を操作できるアプリ

SwitchBotのロボット掃除機はいずれの機種も最大2700Paの強力な吸引力があり、ブラシもついているので一人暮らしで気になる床の髪の毛やほこりなど、掃除漏れなくしっかりキャッチしてくれます。また、同時に拭き掃除も可能です。

9.5mm高さのSwitchBotのロボット掃除機は高度なマッピングを可能にするAIを備えています。部屋全体をくまなく掃除してくれ、使うごとに掃除するスペースを覚えてくれるのでどんどん短い時間で効率的に掃除が完了します。SwitchBotのロボット掃除機は障害物の回避や同じ場所を何度も掃除することが少ない「SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)」という独自のアルゴリズムを採用しています。

2cmの段差を簡単乗り越え
SLAM(無人自動運転技術)

また、SwitchBotのロボット掃除機は大容量バッテリーを搭載しており、一度に広い範囲を掃除でき一人暮らしの1Rや1LDKはもちろん2LDKや3LDKにも対応可能です。電池の容量が少なくなると、AIが判断して充電ボットに戻ってくれます。

SwitchBotは生活を便利にするスマート家電の専門ブランドです。ロボット掃除機以外にもスマホやスマートスピーカーを介して簡単に操作できるさまざまな家電製品を扱っています。

そのため、さまざまな家電をアプリ一つで動かせる事が他のロボット掃除機にはない特徴です。アプリに対応したロボット掃除機でも基本的に操作できるのはロボット掃除機のみですが、SwitchBotの製品は全て一つのアプリで操作できるので、エアコンや電気など他の家電もスマート家電化したいと言う人はまとめて管理できます。

S1とS1 Plusの違い

S1S1 Plus
ダストボックス容量360ml350ml
最長稼働時間140分250分
ドックでのごみ収集無し有り(4L)
拭き掃除用水タンク容量340ml300ml
本体の高さ9.5cm9.5cm

SwitchBotでは「S1」と「S1 Plus」の二機種の商品展開をしています。いずれの高さも9.5cmと一人暮らしの家具に対応するサイズですが、細かなスペックに違いがあります。

それぞれの特徴を一言で言うと

  • S1は高性能、高機能を備えつつも値段の手頃な高コスパモデル
  • S1 Plusは大容量ダストボックス付きドックを備えるメンテナンスフリーモデル

です。

費用を抑えつつも高性能なロボット掃除機がほしいと言う人には「S1」がおすすめです。ロボット掃除機に必要な性能を全て備えつつも、さまざまなスマート家電と併用可能なアプリや掃き掃除と同時に拭き掃除が可能な点などかゆい所に手が届く機能もついています。

「S1 Plus」ではS1の基本性能に加え、長時間持続するバッテリーが搭載されており最長250分連続しての稼働を実現しているので、広い部屋に住んでいる人も問題なく使用可能です。

最大の違いはロボット掃除機にたまったゴミを自動で吸い上げてくれるドックが付属しているポイント。70回の掃除のうち1回しかゴミ回収をする必要がなく、掃除のたびにロボット掃除機からゴミを取り出す手間がありません。

自分の部屋のサイズや、費用に合わせ自分にぴったりなモデルを選びましょう。

まとめ

一人暮らしにはいらないとうわさのロボット掃除機について、使いこなせる人と向いていない人の特徴について紹介してきました。

使いこなせる人向いていない人
ペットがいる 床にものが多い
 たまに自分でも掃除をするロボットのお手入れが苦手
家にいる時間が好き全く掃除ができない

一人暮らし用のロボット掃除機を選ぶ時に見るべきポイントは

  • 吸引力が2000Pa以上稼働か
  • ロボット掃除機本体の高さは9.0〜9.5mm
  • スマホやスマートスピーカーと連携でき遠隔操作ができるか

でした。

SwitchBotの製品は一人暮らしのロボット掃除機に必要な機能は全て揃え、大容量のバッテリーや高性能なAIを備えており、毎日のお掃除を効率的にしてくれます。

一人暮らしをしていて、ロボット掃除機の購入に悩んでいると言う人は一度SwitchBotの製品をチェックしてみてはいかがでしょうか?