超画期的!後付けで物理スイッチをON/OFF SwitchBot「ボット」の隠れ機能知ってた?

ボットカスタムモードとは?

  • 「ボット」発売当初から存在していた機能ですが、以前はサポートまでお問合せいただいたお客様に、個別で当該機能のファームウェアバージョンをお送りするという形を取らせていただいておりました。現在はどなたでも直接ご利用いただけます。
  • カスタマイズモードには「ON」と「OFF」二つの別々の動作があります。
  • カスタマイズモードでは、15分間隔・30分間隔など「ボット」が一定の間隔で作動するように設定することができます。また、長押し、エンドレスなどの動作も設定可能。上記は最大10パターンまで登録できます。

カスタマイズモードは、「スイッチモード」とは異なり、押して引く動作をすることはできません。主に「押す」動作をさまざまな指示に合わせ連続して行うものです。

おすすめの活用法は?

パソコンの電源を短押しで起動、長押しで再起動

  • ONは短押しに設定:起動
  • OFFは長押しに設定:再起動

ボットは Bluetooth 製品であるため、SwitchBot アプリで操作する際は、スマホの Bluetooth 範囲内である必要があります。ボットを遠隔でコントロールする場合は、Hub Mini(ハブミニ) を使用してボットのクラウド サービスを有効にしてください。

除湿器をワンプッシュで起動、長押しでモードの切り替え

例:湿度が60%を超えたら、除湿器を2つ目のモードに設定したい。

例:もしこの除湿機の「オン&オフ」、「モード切替」がすべて同じボタンの場合、SwitchBot ハブミニ + SwitchBot温湿度計 + SwitchBotボット を組み合わせて利用すると、この操作を実現できます。

  温湿度計の条件がトリガーされると、ボタンを「2 秒間長押し、2 秒間停止、最後に短押し2回、間隔2秒間に設定します。

カスタマイズモードの利用方法

  • アプリバージョンがV6.12以降である
  • ボットの設定ページでファームウェアをアップデート。※
  • 「カスタムモード」に切り替える
  • 「ON」、「OFF」ボタンをそれぞれ設定する

※バッテリー消耗が速くなることとアームの破損率が高くなることを予めご了承ください。

他にも面白いアイディアがあれば、ぜひ共有してくださいね!

SwitchBot ボット 物理的にスイッチを押す