【SwitchBot】ロック&キーパッドと「VALTEC施設予約システム」との連携サービスを提供開始

既存の鍵に後付けするだけで、ロックのスマート化を実現する弊社の「SwitchBotロック」および「SwitchBotキーパッド」は、この度株式会社バルテックのVALTEC 施設予約システムと連携したサービスを提供開始。

コンシューマ向けIoT・スマートホーム事業を手掛けるSWITCHBOT株式会社(本社 : 東京都目黒区)は、株式会社バルテック(本社:東京都新宿区 以下、バルテック)との業務提携を開始。スマホ一台で解施錠が可能になる弊社のスマートロックシステム「SwitchBotロック」、およびロックと併用するとパスコード入力での解錠が可能になる「SwitchBotキーパッド」の二製品と、オフィスの会議室やWEB会議ブースの利用状況をリアルタイムで把握できる「VALTEC施設予約システム」を連携したサービスの販売を10月17日より開始します。

  • SwitchBotロック、SwitchBotキーパッドとは

工事不要の、3M両面テープで貼り付けて設置できるスマートロックシステムです。 3つのサイズのサムターンアダプターと設置高度を調節可能な土台の組み合わせで、様々な鍵に対応できます。 SwitchBotロックは、低消費電力で、1日10回解錠した場合、リチウム電池(CR123A)2本で約180日使用できます。 SwitchBotキーパッドも同様に、1日9回解錠した場合、リチウム電池 (CR123A)2本で約2年使用できます。 SwitchBotキーパッドと組み合わせることでQRコードでの解錠のほか、パスワードにも対応いたします。

【製品ページ】https://www.switchbot.jp/products/switchbot-lock?variant=41793064173743

  • 施設予約システムとは

レンタルオフィスの会議室やWEB会議用個室ブースを、スマートフォンから予約&スマートロックで解錠できるシステム。受付や鍵の受け渡しがいらなくなり、予約管理の無人化・省人化を実現します。
【詳細URL】 https://www.webjapan.co.jp/product/reservation-system/meetingroom/

  • Booth In 施設予約の特徴

スマホで予約・解錠
SwitchBotロックと連動してスマホで解錠。カードや鍵が不要になります。

予約状況・空き室表示
リアルタイムで複数の拠点・会議室の予約状況を確認できます。

入室権限設定
役員応接や、特定の社員しか入れない部屋等、セキュリティールームの設定が可能です。

会議室・見取り図表示
会議室や全体の見取り図を、写真で一覧表示。

ドアはそのまま、簡単に設置
SwitchBotロックと開錠用スマホを設置するだけ。ドアの取り換えや大がかりな工事は不要です。

コンサル対応
予約システムに対応した個室ブースもまとめて導入。開業から運営・収益化まで、コンサルのご相談も。

  • ご利用方法

基本機能
・解錠QR発行
予約が完了すると解錠用のQRコードをメールで自動送信。入り口のスマホ・タブレットにかざすだけで入室が可能になります。

・拠点管理
複数拠点(支店・サテライト)がある場合も予約情報を一元管理。1拠点でもフロアとしての登録も可能。備品などの貸出し予約にも対応します。

 ・社員管理
会議室を利用する社員の氏名、メールアドレス、パスワードを管理。社員ごとにどの拠点を利用するかも決定できます。

・利用管理
権限を設定することで使用可能な会議室を区分できます。「一般」「役員」など名称は自由に作成。スタッフごとに権限を付与可能です。

 ・予約状況管理
各会議室の予約・利用中の状況をタイムラインで表示。使用中の会議室や備品をすぐに把握できます。

・予約メール設定
予約完了時に、社員に送られるメールの記載内容を変更できます。

・施設カテゴリ
「施設」「備品」から選択し、名称を登録。予約対象によって「施設」や「備品」の区別が可能です。

 ・利用時間設定
全施設の休日・利用時間を一括設定できるほか、個別に利用時間の設定が可能。カレンダー形式で特定の日だけに設定することもできます。

 ・入室待ち時間設定
入室可能になる時間を何分前からにするか、お好きな時間に設定ができます。

オプション機能
・照明自動ON/OFF
SwitchBotロックとSwitchbotボットを組み合わせて入室時に自動で会議室の照明をオン。退室時間になると自動でオフにします。そのほか、プロジェクターをオン・オフにするなど、多用途に利用できます。

  • 活用例

①権限に応じた専用ルームの作成
個人情報や重要なデータを取り扱うスタッフのみ入室できる部屋を作成。いつ誰が利用したか記録を残すことができます。

②利用時間を制限し、長い会議を短縮
会議室やブースごとに日単位で利用できる時間帯を設定。終業時間後の利用禁止により残業を防止できます。

③備品の貸出し予約も自動化
プロジェクターやホワイトボード、WEB会議用のパソコンなど備品の予約に対応。予約対象にするカテゴリや項目を設定できます。

  • 価格

<初期費用>
システム登録料・SwitchBotロック一式 / 別途お見積り

<月額費用>
基本利用料 / 10,000円(税別)
3台まで / 3,600円(税別)

*11台以上設置の場合はお問い合わせください。
*予約機能を使用せず、スマートロック・社員管理のみ利用する場合など、ご利用形態に応じて価格はご相談に応じます。

  • 両社からのコメント

SWITCHBOT株式会社
日本事業部の営業部長 村上 松男

弊社はスマート家電自動化に注力しており、この度、初DXソリューションにオフィス自動予約システムと連携にあたりまして、 弊社の製品をご検討頂き、感謝しております。 弊社の製品をお客様のアイディアによりオフィスの会議室管理を自動化、省電力化したり、店舗の無人化などDXソリューションとして今後も活躍していきたいと思います。

株式会社バルテック
デジタルマーケティングのマネージャー 森本 拓志

世界初となるSwitchBotロックと施設予約システムの連携にあたりまして、開発時よりご協力いただき、感謝しております。SwitchBotボットによる照明・プロジェクターON/OFFなどシリーズ製品と組み合わせることで、オフィスの会議室管理を自動化、省電力化したり、店舗の無人化などDXソリューションを展開いたします。

  • 【SwitchBotについて】

SwitchBotは、世界100以上の国や地域へ向け、IoTスマートホームデバイスの企画、製造、販売を行うグローバルブランドです。従来の家具や家電を後付けでスマート化できる利便性、手の届きやすい価格帯、自由に組み合わせて使用できる拡張性の高さが好評で、日本国内での販売累計台数は200万台を突破。「100万世帯に選ばれる、今話題のミリオンヒット商品」として高く評価されています。今後もスマートホームのパイオニアとして「もっと気軽に取り入れ、簡単に使える」製品を、より多くの人に手に取ってもらえるよう、製品の開発・改善に努めてまいります。